米中の農薬残留実態(1995年4月-2005年3月)

米中の農薬残留実態(1995年4月-2005年3月)

レコードナンバー740778論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名小林 麻紀
高野 伊知郎
田村 康宏
ほか5名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ48巻・ 2号, p.35-40(2007-04)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (1284KB) 
抄録1995年4月から2005年3月に東京都内で市販されていた玄米を中心とした国産米および輸入米375検体について残留農薬調査を行った。その結果、国産米では343検体中47検体から、有機リン系、有機塩素系、カルバメート系、ピレスロイド系、含窒素系農薬および総臭素が検出された。輸入米では32検体中18検体からジクロルボスおよび総臭素が検出れた。農薬を検出した米について国民栄養調査の食品群別摂取量から農薬の摂取量を算出し、おのおののADIと比較した。算出された農薬の摂取量はADIの17/10,000~2/5といずれも低く、通常の喫食状況からみて特に問題となるものはなかった。
索引語農薬;摂取;残留;調査;臭素;実態;東京都;玄米;リン;塩素
引用文献数15
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat