ポリメラーゼ連鎖反応法による犬と猫の胃粘膜からのHelicobacter pyloriおよびHelicobacter属特異遺伝子の検出

ポリメラーゼ連鎖反応法による犬と猫の胃粘膜からのHelicobacter pyloriおよびHelicobacter属特異遺伝子の検出

レコードナンバー740813論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名小川 高
川嶋 和晴
野元 孝子
ほか2名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 4号, p.285-289(2007-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (461KB) 
抄録消化器症状のみられた犬・猫各40頭を対象に、胃粘膜におけるHelicobacer pyloriおよびHelicobacer属細菌の感染状況をPCR法によって調査した。その結果、H.pyloriの特異遺伝子は犬・猫ともにまったく検出されなかった。Helicobacer属細菌の特異遺伝子は、犬で58%(23/40)、猫で43%(17/40)から検出されたが、臨床症状および胃内視鏡検査所見との関連性は認められなかった。そして同検体に対して行ったウレアーゼ試験とPCR法によるHelicobacer属細菌の検出結果の一致率は、犬で83%、猫で94%と高いものであった。
索引語属;検出;胃;遺伝子;細菌;粘膜;症状;PCR;消化器;感染
引用文献数23
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat