異なる飼養管理下におけるホルスタイン乳牛のルーメンプロトゾアの観察

異なる飼養管理下におけるホルスタイン乳牛のルーメンプロトゾアの観察

レコードナンバー740822論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014735NACSIS書誌IDAN00247860
著者名照井 英樹
安宅 一夫
書誌名酪農学園大学紀要. 自然科学編 = Journal of the College of Dairying. Natural science
別誌名Journal of Rakuno Gakuen University. Natural science
J. Rakuno Gakuen University
J. Coll. Dairying
酪農大紀要
発行元酪農学園大学
巻号,ページ31巻・ 2号, p.239-243(2007-04)ISSN0388001X
全文表示PDFファイル (435KB) 
抄録北海道内における様々な飼養形態におけるホルスタイン泌乳牛のルーメンプロトゾアの種類および活動を調査し、産乳成績との関連を検討した。MR牛群では、ルーメンpHは最も低く、プロトゾアの種類も少なかったが、その数と活動は高かった。産乳能力に極めて優れた形質を持つと見られる個体では、パランチディウム目のプロトゾアが多かったが、エントディニウム目のプロトゾアは少なく、活動も中程度であった。平均乳量が全国的に最高水準の牛群では、ルーメンpHとプロトゾアの種類および活動が高く、他の調査対象では確認されない種類のプロトゾアも見られ、高い乳生産との関連が示唆された。個体乳量が高い牛群では、エントディニウム目のプロトゾアが多く観察された。放牧牛群ではルーメンpHは高かったが、プロトゾアの個体数は最も少なく、パランチディウム目のプロトゾアを除き、活動も低めであった。いわゆるスーパーカウとルーメンプロトゾアの個体数および種類との関連性は確認できなかったが、摂取栄養成分とプロトゾア組成との関連性が示唆された。プロトゾアの活性と個体数はスーパーカウの高い生産性に影響をおよぼす一因であることが示唆された。
索引語個体;目;pH;観察;産乳;乳量;調査;管理;乳牛;北海道
引用文献数7
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat