コクチバスの駆除に用いる刺網の適正目合

コクチバスの駆除に用いる刺網の適正目合

レコードナンバー740836論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014223NACSIS書誌IDAN1056052X
著者名藤田 薫
本多 直人
渡部 俊広
ほか1名
書誌名水産工学研究所技報
別誌名Tech. Rept. Nat. Res. Inst. Fish. Eng.
水工研技報
Technical report of National Research Institute of Fisheries Engineering
発行元水産庁水産工学研究所
巻号,ページ29号, p.55-61(2007-03)ISSN13418750
全文表示PDFファイル (529KB) 
抄録4種類の目合の刺網を用いた漁獲実験よりコクチバスに対する網目選択性曲線マスターカーブを求めた。相対漁獲強度をパラメータとした二峰性正規関数モデルのみが適応し,曲線は右側に歪んだ。罹網部位は主鰓蓋骨上縁より後方が主体であるものの,主上顎骨での罹網が全体の17%を占めた。二峰性正規関数モデルが選択されたのは,主上顎骨での罹網による漁獲を評価できたためと考えた。目合相対全長が約4.0のときに相対効率は最大になった。コクチバスを刺網で捕獲する際には,全長の約1/4に相当する目合を用いるのが適当である。
索引語網;漁獲;性;関数;モデル;網目選択性;漁獲強度;パラメータ;骨;主体
引用文献数12
登録日2011年09月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat