対馬海峡東水道で漁獲された白いアマダイ科の1種について

対馬海峡東水道で漁獲された白いアマダイ科の1種について

レコードナンバー740855論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008949NACSIS書誌IDAA11811044
著者名天野 千絵
書誌名山口県水産研究センター研究報告 = Bulletin of Yamaguchi Prefectural Fisheries Research Center
別誌名Bull. Yamaguchi Pref. Fish. Res. Ctr.
発行元山口県水産研究センター
巻号,ページ5号, p.35-39(2007-03)ISSN13472003
全文表示PDFファイル (547KB) 
抄録2003年12月9日、対馬海峡東水道の水深110mで白いアマダイ科の1種(標準体長359mm)が1尾、あまだい延縄漁船で漁獲された。当標本はアマダイ科の特徴を有していたが、過去に東シナ海・黄海・日本海産として分類されたアマダイ科アマダイ属5種とは、背中線が橙色である、上顎後端が眼前縁に達しない、体高が体長の35%、側線鱗数が85であるという特徴が異なっていた。本種は1960年代から1980年代にかけて東シナ海長江河口付近で漁獲され、山口県漁業者に通称「べっぴんさん」と呼ばれていた種不明のアマダイ科の1種である可能性が考えられた。
索引語アマダイ;種;水道;体長;東シナ海;水深;延縄;漁船;標本;属
引用文献数14
登録日2011年02月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat