有明海湾奥部で施工された覆砂の効果の持続性について

有明海湾奥部で施工された覆砂の効果の持続性について

レコードナンバー740895論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015097NACSIS書誌IDAN0009670X
著者名加藤 治
瀬口 昌洋
原口 智和
郡山 益実
書誌名佐賀大学農学部彙報
別誌名Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University
発行元佐賀大学農学部
巻号,ページ92号, p.25-32(2007-03)ISSN05812801
全文表示PDFファイル (604KB) 
抄録有明海湾奥部では、覆砂によって底質改良が施工されている。覆砂は底層改良に非常に効果があると見られている。しかし、施工後2、3年でその効果が衰退するという報告もある。本研究では、2001年から2003年まで佐賀県によって施工された覆砂工区で粒径分布がどのように変化しているかを、実測調査で明らかにした。
索引語効果;改良;持続性;底質;研究;佐賀県;粒;分布;調査;施工
引用文献数6
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat