糸状菌 Penicillium sp.TAMA 71の生産する殺虫活性物質Oxalicine Bの単離とX線結晶構造解析による構造の確認

糸状菌 Penicillium sp.TAMA 71の生産する殺虫活性物質Oxalicine Bの単離とX線結晶構造解析による構造の確認

レコードナンバー741016論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名阿部 正樹
今井 哲弥
石井 直樹
ほか3名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ32巻・ 2号, p.124-127(2007-05)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (292KB) 
抄録モモアカアブラムシ(Myzus persicae)に対する殺虫活性を指標とし、糸状菌Penicillium sp. AMA 71より殺虫活性物質を単離した。X線結晶構造解析によりoxalicine Bと同定し、得られた構造とNMRデータとに矛盾がないことを確認した。また、既報の1H NMRデータの帰属に一部間違いを発見し、これを訂正した。さらに、本化合物の生物活性を調べることを目的とし、モモアカアブラムシを含む4種の害虫、1種のダニ、および2種の植物病原菌に対する殺虫殺菌活性試験を行った。モモアカアブラムシに対しては、100ppmで82%の死虫率を示したが、それ以外では、ミカンキイロアザミウマ(Frankliniella occidenalis)に対して500ppmで32%死虫率と弱い摂食阻害性とを示した。
索引語活性;種;糸状菌;活性物質;単離;解析;構造;データ;死;指標
引用文献数9
登録日2010年07月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat