イミダクロプリドのピリジルメチル基はフルオロアルキル基に代替しうるか-

イミダクロプリドのピリジルメチル基はフルオロアルキル基に代替しうるか-

レコードナンバー741017論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名利部 伸三
青木 英司
大野 育也
ほか3名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ32巻・ 2号, p.128-130(2007-05)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (237KB) 
抄録いくつかのフルオロアルキル基を2?(N-niroimino)imidazolidineに導入して、モモアカアブラムシ、ハスモンヨトウ、ウリハムシに対する殺虫活性を評価した。3?フッ化プロピル置換体は、アブラムシとハムシに対して100ppmで殺虫活性を示したが、他のほとんどの化合物の活牲は弱かった。3?フッ化プロピル誘導体の突出した活性は、この基が、電子的、立体的にイミダクロプリドのピリジルメチル基と類似した水素結合能力をもつことに因ることを示唆している。しかしながら、その活性は、イミダクロプリドよりはるかに劣り、フルオロアルキル基による活性増大効果は、ピリジルメチル基ほど期待できないことがわかった。
索引語活性;アルキル基;化合物;電子;水素;結合;能力;効果;イミダクロプリド;ピリジルメチル
引用文献数9
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat