花梗部へのストレプトマイシンラノリンペースト処理がブドウ‘マスカット・ベーリーA’の無核果と果実品質に及ぼす影響

花梗部へのストレプトマイシンラノリンペースト処理がブドウ‘マスカット・ベーリーA’の無核果と果実品質に及ぼす影響

レコードナンバー741143論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000568NACSIS書誌IDAN00381455
論文副題無核果と果実品質に及ぼす影響
著者名忽那 豪
越智 由夫
菅井 維之
秋田 瑞穂
河村 裕子
安永 絵美
則 圭
安藤 友美
正岡 宏美
水谷 房雄
書誌名愛媛大学農学部農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, College of Agriculture, Ehime University
別誌名Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Ehime University
発行元愛媛大学農学部附属農場
巻号,ページ28号, p.17-22(2006-09)ISSN09147233
全文表示PDFファイル (632KB) 
抄録ストレプトマイシン(濃度0.1%、0.5%、1.0%、2.0%)を含んだラノリンペーストを開花約2週間前の‘マスカット・ベーリーA’の花梗の基部に塗付し、着果率、無核果率、収穫果実の品質などに及ぼす影響を調査した。2回目の処理は、開花1週間後に100ppmとフルメット5ppmの浸漬処理を行った。着果率、1果房重、1果粒重には処理間に明瞭な傾向はなかった。ジベレリンストレプトマイシン濃度0.5-2.0%の処理区では、約70%の無核果率だったの対し、対照区は37%だった。1果粒当たりの種子数でも、これらのストレプトマイシン処理区では0.4だったのに対し、対照区では1.2であった。対照区に比べて、ストレプトマイシン0.5-2.0%処理区の果汁の糖度は高く、滴定酸度は低かった。1果粒当たりの種子数と糖度、滴定酸度の間にはそれぞれ負および正の相関関係が見られた。
索引語処理;果実;品質;濃度;開花;種子;糖度;酸度;ブドウ;収穫
引用文献数7
登録日2011年01月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat