気象条件がテンサイ一代雑種の採種におよぼす影響

気象条件がテンサイ一代雑種の採種におよぼす影響

レコードナンバー741194論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009215NACSIS書誌IDAN00352173
著者名高橋 宙之
林 孝道
岡崎 和之
ほか2名
書誌名てん菜研究会報 = Proceedings of the Sugar Beet Research Association
別誌名Proceedings of the Japanese Society of Sugar Beet Technologists
てん菜技術連絡研究会発表論文集
てん菜研究会報
発行元甘味資源振興会
巻号,ページ48号, p.10-15(2007-05)ISSN09121048
全文表示PDFファイル (525KB) 
抄録北海道農業研究センター(札幌市豊平区羊ケ丘)で実施しているテンサイ一代雑種採種試験のデータおよび同地で測定している気象データから、気象条件が採種におよぼす影響を検討した。その結果、テンサイ一代雑種の採種では、採種量、千粒重および発芽率のいずれの形質においても気温との間に有意な相関関係が認められ、気象条件の中でも気温が強く影響していることが明らかであった。採種量に関しては、種子親系統の母根定植期から開花期までに要した日数が多く、同期間の積算気温が高いほど採種量が多かった。千粒重に関しては、種子親系統の開花期から収穫期までの平均気温が高いと、千粒重が軽くなる傾向が認められた。また、発芽率に関しては、種子親開花期から収穫期までの平均気温が高いと、発芽率の高い種子が得られることが明らかとなった。
索引語採種;気温;気象;種子;条件;テンサイ;一代雑種;粒重;発芽;親
引用文献数7
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat