牛伝染性鼻気管炎罹患牛の中枢神経系における病変と牛ヘルペスウイルス1型抗原の分布

牛伝染性鼻気管炎罹患牛の中枢神経系における病変と牛ヘルペスウイルス1型抗原の分布

レコードナンバー741227論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名高橋 真紀
清宮 幸男
八重樫 岳司
ほか5名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 5号, p.349-353(2007-05)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (976KB) 
抄録重篤な呼吸器病に罹患した1酪農場の育成雌牛3頭を病理学的および病原学的に検索した。線維素壊死性炎が鼻腔から肺に至る広範な呼吸器系粘膜に、非化膿性炎が三叉神経節、橋および延髄に観察され、好酸性核内封入体が喉頭腺にみられた。病巣内には牛ヘルペスウイルス1型(BHV-1)抗原およびヘルペスウイルス粒子が存在し、BHV-1が鼻腔スワブから分離された。脳幹部の病変は三叉神経支配核に限局していた。得られた結果から、BHV-1感染が呼吸器系および中枢神経系病変の形成に関与し、同ウイルスが三叉神経路を主要経路として脳幹部に浸入したことが示唆された。
索引語病変;ヘルペスウイルス;呼吸器;抗原;性;核;鼻;気管;分布;酪農
引用文献数16
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat