通電加熱前処理によるサケ塩干品の品質改良

通電加熱前処理によるサケ塩干品の品質改良

レコードナンバー741265論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名松原 久
田中 淳也
成田 清一
ほか1名
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ73巻・ 3号, p.470-477(2007-05)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (1017KB) 
抄録ブナザケ塩干品の品質改良のために通電加熱処理を製造工程に組み込み、その効果を検討した。45℃、5分間の条件での通電加熱で、塩干品の硬さと凝集性が未加熱品に比較して低下し、脆弱化した。さらに、筋肉の筋節間が剥離した。その通電加熱条件でサケ肉の塩溶性タンパク質は不溶化したが、水溶性タンパク質の溶解度は高かった。製造過程を通じて筋肉タンパク質組成がほとんど変化しなかったことから、物性変化に対する自己消化の影響は小さかった。実用化を想定し、不定形のサケ肉片を導電液(0.5% NaCl)中に浸漬して通電加熱する方法を示した。
索引語加熱;サケ;タンパク質;品質;改良;条件;性;前処理;処理;効果
引用文献数14
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat