ブドウ短梢剪定‘巨峰'における無核化栽培技術の検討(2)

ブドウ短梢剪定‘巨峰'における無核化栽培技術の検討(2)

レコードナンバー741317論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009245NACSIS書誌IDAN10074361
著者名岸田 史生
山崎 安津
羽生 剛
ほか4名
書誌名京大農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Kyoto University
別誌名Bulletin of Experimental Farm, Kyoto University
発行元京都大学農学部附属農場
巻号,ページ16号, p.1-5(2007-03)ISSN09150838
全文表示PDFファイル (519KB) 
抄録本実験では「完全無核化」、「着粒密度の確保」、「果粒肥大の促進」を同時に満たす処理方法を明らかにすることを目的にGA+CPPU1回目処理へのSMの混用、SM処理とGA2回処理を組み合わせた3回処理及び各処理の処理時期が無核化率、果実肥大及び着粒密度に及ぼす影響について調査した。その結果、満開日にGA+CPPU+SM処理した3つすべての処理区で完全種子の形成が確実に抑制され、無核果率は100%となった。また、着粒密度は満開7日前-満開日のGA+CPPU(+SM)処理によって高い値となった。さらに、この時期のGA+CPPU(+SM)処理は果実肥大にも有効であった。以上のことから、満開日のGA+CPPU+SM処理は「完全無核化」、「着粒密度の確保」、「果粒肥大の促進」を同時に満たす処理であり、高品質‘巨峰’生産に有効な処理であることが示された。
索引語処理;核;粒;密度;肥大;促進;時期;果実;ブドウ;剪定
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat