ポリシリカ鉄凝集剤(PSI)浄水ケーキの特性と水稲生育およびメタン放出におよぼす影響

ポリシリカ鉄凝集剤(PSI)浄水ケーキの特性と水稲生育およびメタン放出におよぼす影響

レコードナンバー741346論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名堀川 拓未
伊藤 豊彰
長谷川 孝雄
ほか3名
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ78巻・ 3号, p.261-267(2007-06)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (786KB) 
抄録鉄と高分子の重合ケイ酸を成分とするポリシリカ鉄凝集剤を使用した浄水ケーキ(PSI浄水ケーキ)の酸化鉄、ケイ素供給および水稲生育、メタン放出に対する影響を圃場での枠試験によって調査した。実験は東北大学大学院農学研究科附属複合生態フィールド教育研究センターの水田圃場で行った。施用量は0、150、300、2000gm(-2)とした。得られた結果は以下の通りである。1)PSI浄水ケーキの施用によって土壌の2価鉄生成量が増加し、PSI浄水ケーキは有効な酸化鉄を多量に含む(236gFekg(-1))ことが明らかとなった。2)PSI浄水ケーキの施用によって土壌溶液ケイ素濃度が上昇し、水稲のケイ素濃度、ケイ素吸収量が増加した。3)PSI浄水ケーキの施用によって水稲の収量は増加する傾向がみられ、2000gm(-2)の施用によって明らかな収量増加(35%)が認められた。これは水稲のケイ素吸収量の増加と、PSI浄水ケーキから無機化する窒素によって、水稲の窒素吸収量が増加したためと考えられた。4)PSI浄水ケーキの施用によってメタン放出量は増加する傾向を示した。これは多量に含まれる有機物がメタン生成を促進したためと考えられた。しかしながら2000gm(-2)施用による土壌の酸化鉄増加量は既存の報告に比べてもメタン放出を抑制するのに十分な量と考えられた。
索引語施用;水稲;メタン;鉄;放出;吸収;凝集;生育;圃場;土壌
引用文献数35
登録日2011年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat