新潟県における間伐材搬出の作業実態

新潟県における間伐材搬出の作業実態

レコードナンバー741418論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020665NACSIS書誌IDAA11278150
論文副題林業普及指導員による間伐材搬出事例調査結果から
著者名日水 和久
倉島 郁
書誌名新潟県森林研究所研究報告 = Bulletin of Niigata Prefectural Forest Research Institute
別誌名研究報告
発行元新潟県森林研究所
巻号,ページ48号, p.83-96(2007-03)ISSN13438999
全文表示PDFファイル (1506KB) 
抄録林業普及指導員による間伐材搬出事例を用い、新潟県の作業実態を明らかにした。(1)車輌系牽引型は高齢林、架線系機械は傾斜20°以上等、集材機械のタイプ毎に特徴的な使用実態があることがわかった。(2)生産性や出材積/haの増加により、生産費/m3は逆数関数的に減少することがわかった。(3)利用間伐経費は、面積と出材量とに強い関連があり、調整済重相関係数0.944の重回帰式利用間伐経費=314622.676×面積+9588.215×出材積+3405.471が得られた。(4)出材積は、面積と林齢、積雪環境順の地域に開連があることがわかったが、得られた重回帰式の調整済重相関係数は0.669と低く、その原因として利用率のばらつきが考えられた。
索引語間伐;実態;材積;面積;新潟県;作業;林業;普及;機械;利用
引用文献数11
登録日2011年01月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat