海岸防災林における常緑広葉樹の植栽成績

海岸防災林における常緑広葉樹の植栽成績

レコードナンバー741420論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020665NACSIS書誌IDAA11278150
著者名武田 宏
金子 岳夫
書誌名新潟県森林研究所研究報告 = Bulletin of Niigata Prefectural Forest Research Institute
別誌名研究報告
発行元新潟県森林研究所
巻号,ページ48号, p.103-114(2007-03)ISSN13438999
全文表示PDFファイル (1070KB) 
抄録新潟県の治山事業で海岸防災林内に植栽されたタブノキとシロダモの成育状況を調査した結果、上木がほとんどない大面積の新植やマツ林内の直径20m以上の大きなギャップの北側では日当たりが良く土壌が乾燥しやすいため成育は不良であった。また、林内植栽ではマツの除間伐が不十分な状態では生残率は高いものの、旺盛な樹高成長は認められなかった。一方、開空度で10-20%、相対光量子束密度で20-30%程度に除間伐されたマツ林内やギャップの南側では旺盛な樹高成長が確認されたが、樹高成長には土壌の発達も影響していると考えられた。
索引語樹高;海岸;防災;土壌;間伐;広葉樹;新潟県;事業;上木;面積
引用文献数27
登録日2011年01月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat