京都府沿岸で漁獲されるサワラの年齢および移動について

京都府沿岸で漁獲されるサワラの年齢および移動について

レコードナンバー741427論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008121NACSIS書誌IDAN00062209
著者名井上 太郎
和田 洋藏
戸嶋 孝
ほか1名
書誌名京都府立海洋センター研究報告
別誌名京都府立海洋センター研究報告
発行元京都府立海洋センター
巻号,ページ29号, p.1-6(2007-03)ISSN03865290
外部リンク
全文表示PDFファイル (750KB) 
抄録京都府沿岸で漁獲されるサワラの生態的知見を得るため、1990年から2006年のサワラ銘柄別漁獲量データの解析を行い、2002年6月-2006年10月に入手したサワラについて尾叉長、体重および生殖腺重量の測定、耳石による年齢査定、生殖腺の肉眼観察等を実施した。その結果、京都府沿岸では、9-10月頃に来遊する当歳魚を主体に漁獲していることが分かった。雌は概ね尾叉長60cm以上、雄では同40cm以上の個体が春季にほぼ同時に成熟し始めるが、成熟度指数および漁獲の状況から京都府沿岸では産卵場が形成されず、雄が先に産卵場へ移動することが示唆された。
索引語漁獲;京都府;沿岸;サワラ;移動;尾;生殖;雄;成熟;産卵場
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat