日本の伝統的作庭における技術、生産システム、作業従事者美意識の特質に関する研究

日本の伝統的作庭における技術、生産システム、作業従事者美意識の特質に関する研究

レコードナンバー741523論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名小泉 直介
進士 五十八
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ52巻・ 1号, p.23-32(2007-06)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (1077KB) 
抄録本研究の目的は、我が国造園建設業が継承し、また継承すべき伝統的作庭技術、工法などの造園的本質と特質を明らかにしようとするものである。(1)飛鳥時代にはじまる作庭をみると、身近に庭をつくるために在所の地勢を活かし、資材に“自然材料・地場材料”を使い、そして作る方法は“自然に順応した工法”をとった。この規範は、近世に至るまで、造られたかたちは変わっても、つくる過程の態様として大きな変化はなかった。(2)職能分担などの業務形態の発展は、建築土木に比べて仕事の量は劣ったにも拘らず、社会経済の変化につれてこれ等と同様な軌跡を辿った。江戸時代には、植木、石などの資材の販売業が萌芽した。しかし、造園職能のうち現場で直接土に触れる職人の存在は、社会的に認知されることが希薄であった。(3)作庭の出来を左右する作業者の心象は、素朴にして巧まざる自然の美しさを映そうとする行為を生むものであった。これらのことから現代の造園建設が、伝統として継承すべき根幹的な事項を明らかにした。
索引語造園;技術;研究;資材;自然;材料;日本;生産;システム;作業
引用文献数46
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat