営農集団における野菜生産と出荷体制の評価

営農集団における野菜生産と出荷体制の評価

レコードナンバー741529論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
論文副題オホーツク網走農協を対象として
著者名菊地 哲夫
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ52巻・ 1号, p.67-75(2007-06)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (797KB) 
抄録本稿の目的は、営農集団における野菜の生産と出荷体制の特徴及びその評価を考察することである。事例として、オホーツク網走農協の営農集団を取り上げた。野菜の生産・出荷状況を整理したうえで、出荷市場における卸売価格を対象に価格の分析を行ない、出荷体制を検討した。卸売価格の分析手法として、判別分析(判別予測)を用いた。網走市の野菜生産の特徴は、畑作の営農集団方式をそのまま野菜作にも踏襲している点である。すなわち、集団単位で機械類の共同所有・共同利用によるコストの削減を実現している。また、播種の時期・施肥・農薬散布等計画的な生産体制がとられている。一方、営農集団による出荷体制の特徴としては、出荷市場別に計画的な出荷がなされている。判別分析ではこれまで出荷していない中央卸売市場を対象に分析を行ったが、結果は良好であった。網走市の野菜生産農家においては、これら営農集団方式のメリットが生産および出荷面において十分に活かされていると判断された。野菜生産をめぐる産地の状況は厳しさを増してきているが、網走市の営農集団による取り組みは、他の産地や営農集団においても一つの方向性を示唆すものとして注目される。
索引語出荷;集団;生産;野菜;分析;価格;評価;市場;方式;産地
引用文献数11
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat