イチゴの不耕起栽培における養液土耕の給液管理および熱水土壌消毒の効果

イチゴの不耕起栽培における養液土耕の給液管理および熱水土壌消毒の効果

レコードナンバー741551論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011674NACSIS書誌IDAN10419066
著者名鈴木 雅人
書誌名茨城県農業総合センター園芸研究所研究報告 = Bulletin of the Horticultural Institute, Ibaraki Agricultural Center
発行元茨城県農業総合センター園芸研究所
巻号,ページ15号, p.17-22(2007-03)ISSN09194975
全文表示PDFファイル (484KB) 
抄録イチゴの連続不耕起栽培の実用化を図るため、養液土耕の給液管理と収量、連続作付け後の土壌の理化学性の変化および熱水土壌消毒の効果等について検討した。1.少量培地耕を利用した実験の結果、給液量と排液量の差からイチゴの吸水量は、生育期間を通じておおよそ100mL/日・株であると見積もった。2.イチゴの吸水量と栽培圃場の土壌水分の変化から、実用的な養液土耕の給液量を設定することが可能であり、試験を行った火山灰土の圃場では、吸水量の70%程度となる70mL/日・株を給液することにより、標準的な収量が得られた。3.基肥や土壌改良資材を施用せず、養液土耕専用肥料を用いた給液管理のみにより連続作付けしても、土壌中の肥料成分の過不足は認められなかった。また、土壌の固結は進行せず、土壌物理性の悪化はとくに問題にならなかった。4.不耕起栽培3年目頃からネコブセンチュウとネグサレセンチュウの発生が認められるようになったが、熱水土壌消毒によって、被害を回避できることが明らかになった。5.養液土耕法と熱水土壌消毒法を組み合わせたイチゴの不耕起栽培は、安定した収量・品質が得られ、実用性が高いと考えられた。
索引語イチゴ;養液;土;不耕起栽培;土壌消毒;管理;収量;土壌;吸水;効果
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat