マーガレット新品種‘フェアリーライトピンク'の育成と市場評価

マーガレット新品種‘フェアリーライトピンク'の育成と市場評価

レコードナンバー741569論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014247NACSIS書誌IDAN00102722
著者名稲葉 善太郎
書誌名静岡県農業試験場研究報告 = Bulletin of Shizuoka Agricultural Experiment Station
別誌名Bulletin of the Shizuoka Agricultural Experiment Station
発行元静岡県農業試験場
巻号,ページ51号, p.41-47(2007-03)ISSN0583094X
全文表示PDFファイル (679KB) 
抄録交雑育種法により‘フェアリーライトピンク’を育成した。本品種は、12月上旬から開花する小輪タイプの淡桃花で、輪付きが良く、側花が頂部でまとまって咲く特徴がある。生産者には、生育が良いこと、開花時の草姿のバランスが良いこと、切り花の水揚げが良いことが評価された。南伊豆地域から出荷している主力市場において、切り花品種としての評価が得られ、市場性が高いと考えられた。本品種は、2002年8月28日に品種登録を出願し、2005年2月7日付で品種登録された(登録番号:12776、hp://www.hinsyu.maff.go.jp/)。
索引語評価;品種;登録;育成;市場;種;開花;切り花;新品種;交雑
引用文献数15
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat