石川県産スギ中径材の構造用集成材ラミナ用材としての材質評価

石川県産スギ中径材の構造用集成材ラミナ用材としての材質評価

レコードナンバー741639論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008004NACSIS書誌IDAN00014341
著者名小倉 光貴
書誌名石川県林業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Ishikawa-Ken Forest Experiment Station
発行元石川県林業試験場
巻号,ページ39号, p.68-70(2007-03)ISSN03888150
全文表示PDFファイル (311KB) 
抄録森林の成熟に伴い、間伐により生産されるスギ中径材の住宅部材への用途開発が求められていることから、県産スギについて、集成材原材料としての強度性能を把握するため、構造用集成材のJASに基づいてラミナの強度等級別の出現頻度を調査した。その結果、採材したラミナの88%がJASに規定するL50以上に適合し、原木段階での動的ヤング係数が6kN/mm2以上のものが集成材用材として適していることが解った。
索引語集成材;スギ;構造;強度;材質;評価;森林;成熟;間伐;用途
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat