フェバンテルのトラフグに寄生するエラムシHeterobothrium okamotoiに対する駆虫効果

フェバンテルのトラフグに寄生するエラムシHeterobothrium okamotoiに対する駆虫効果

レコードナンバー741667論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012369NACSIS書誌IDAN10385146
著者名木村 武志
鮫島 守
野村 昌功
森田 淳
溝口 秀樹
書誌名熊本県水産研究センター研究報告
別誌名Kumamoto ken suisan kenkyu senta hokoku
Report of Kumamato prifectural fisheries research center
発行元熊本県水産研究センター
巻号,ページ7号, p.25-30(2007-03)ISSN09181210
全文表示PDFファイル (457KB) 
抄録1)トラフグのエラムシ症対策薬として畜産動物の経口投与駆虫剤として用いられているフェンベンダゾールのプロドラッグであるフェバンテルの有効性について検討を行った。2)フェバンテルはトラフグ体内で速やかにフェンベンダゾールヘ移行し、エラムシに対して12.5mg/kg・魚体重又は25mg/kg・魚体重の5日間連続経口投与によって未成熟虫のみならず成虫にも駆虫効果が得られた。
索引語効果;投与;体重;対策;畜産;動物;成虫;フェバンテル;トラフグ;エラムシ
引用文献数13
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat