八代海における2004年度および2005年度の植物プランクトンの分布

八代海における2004年度および2005年度の植物プランクトンの分布

レコードナンバー741669論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012369NACSIS書誌IDAN10385146
著者名吉田 誠
安達 真由美
西田 泰輔
永田 大生
岩竹 悠里
木野 世紀
櫻田 清成
大和田 紘一
書誌名熊本県水産研究センター研究報告
別誌名Kumamoto ken suisan kenkyu senta hokoku
Report of Kumamato prifectural fisheries research center
発行元熊本県水産研究センター
巻号,ページ7号, p.45-51(2007-03)ISSN09181210
全文表示PDFファイル (1350KB) 
抄録1.2004年4月から2006年3月の毎月一回、八代海の8測点において表層の植物プランクトンの同定・計数を行なった。2.八代海では奥部で植物プランクトン細胞数が多く、南部では少ない傾向が顕著であった。3.珪藻の占める割合が高く、特にSkeleonema cosaumは奥部では平均40%を占めていた。同種の割合は、南部に向かうにつれ低くなった。4.細胞数はS.cosaumが卓越する1-3月、同種に加えてChaeoceros属やPseudo-nizschia属が卓越する6、7月に多いが、9、10月には台風通過直後に珪藻が非常に高密度に増殖した。5.1980年代の報告と比較して、奥部での細胞数の増加が示唆された。特に10月-2月の奥部での増加傾向が認められ、S.cosaumの増加が顕著だった。逆に南部海域はこの時期に細胞数が減少している傾向がみられた。
索引語細胞数;植物プランクトン;属;分布;同定;台風;海域;時期;奥;八代
引用文献数11
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat