原因物質別による食中毒発生時における摂食時点の推定

原因物質別による食中毒発生時における摂食時点の推定

レコードナンバー741760論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名和田 正道
丹後 俊郎
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ48巻・ 3号, p.69-76(2007-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (509KB) 
抄録前報において、著者らはデータベースに含まれる全事例から重回帰分析により推定式を作成し、摂食時点を推定する方法について報告した。従来法に比較して、新しい推定法は摂食時点との一致性および精度ともに高いことかを明らかにした。本報では、推定式の算出方法を原因物質別に改良した。実用性を検証するため、データベース作成後に新たに発生した事例について摂食時点を推定した。改良した推定法は前報の推定法および従来法に比較して摂食時点との高い一致性と精度を示した。したがって、改良した推定法は高い実用性を有すると考えられる。
索引語物質;食中毒;発生;摂食;推定;データベース;回帰分析;性;精度;原因
引用文献数7
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat