塩化ベンザルコニウム処理がストック切り花の水揚げに及ぼす影響

塩化ベンザルコニウム処理がストック切り花の水揚げに及ぼす影響

レコードナンバー741970論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名村濱 稔
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ6巻・ 3号, p.487-490(2007-07)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (339KB) 
抄録塩化ベンザルコニウム処理がストック切り花の水揚げに及ぼす効果を検討した。100ppm以上の濃度で水揚げに大きな効果があった。その際の水深は1cmあればよく、水道水において水揚げに必要な水深4cmよりはるかに浅くても十分であった。また、塩化ベンザルコニウム溶液で4時間水揚げを行い、箱詰めし、室温で18時間放置し(輸送シミュレーション)、その後生けた場合、切り戻しなしでも水が揚がることが明らかとなった。
索引語処理;切り花;効果;濃度;水深;輸送;シミュレーション;水;塩化;ベンザルコニウム
引用文献数17
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat