茶園におけるジシアンジアミド入り被覆尿素の施用効果

茶園におけるジシアンジアミド入り被覆尿素の施用効果

レコードナンバー741978論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016154NACSIS書誌IDAN00143344
著者名三浦 伸之
内村 浩二
加治 俊幸
中村 孝久
吉田 真一
勝田 雅人
鳥山 光昭
書誌名茶業研究報告
別誌名Tea research journal
発行元[出版者不明]
巻号,ページ103号, p.41-50(2007-06)ISSN03666190
全文表示PDFファイル (869KB) 
抄録茶園土壌における長期間の硝化抑制効果を目的として、硝化抑制剤Ddと尿素を被覆したDd入り被覆尿素の施用技術を検討した。Dd入り被覆尿素70日タイプの溶出は、被覆尿素70日タイプより、特に低温時期で溶出が著しく遅かった。被覆尿素70日タイプと同じ溶出特性を得るためには、春肥ではDd入り被覆尿素40日タイプの施用が望ましいと考えられた。また、秋肥及び夏肥、春肥でDd入り被覆尿素を利用すると、Ddの硝化抑制作用により、被覆尿素よりも窒素溶脱が低減し、施肥窒素の吸収率が高まることで、二、三番茶の品質が向上した。しかし、Dd入り被覆尿素を年間を通じて連用すると、3-4年目はうね間土壌中に蓄積した窒素の分解や、アンモニア酸化細菌による硝化の抑制が低下することにより、溶脱窒素濃度が低下しない可能性が認められた。
索引語茶園;被覆;尿素;施用;効果;土壌;硝化;抑制;技術;低温
引用文献数10
登録日2011年01月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat