世界気象資料の活用について

世界気象資料の活用について

レコードナンバー741997論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名本間 香貴
堀江 武
白岩 立彦
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ76巻・ 3号, p.464-467(2007-07)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (408KB) 
抄録気象庁が収録している世界気象資料について紹介した。この資料には気象観測値として気圧や気温、降水量、天気などが収められており、日別統計値の場合そのデータポイントは1982年以降が世界各地約400地点、1999年以降は約3000地点に及ぶ。しかしながら日射量や日照時間についてのデータが無いため、資料の中に含まれる雲量と日平均水蒸気圧を用いて日射量を推定する方法について検討を行った。日本における観測値を用いた場合、日照時間を用いた日射量の推定がRMSE=2.2Mj/m2/dayであるのに対し、雲量と水蒸気圧による推定はRMSE=4.1Mj/m2/dayであった。しかしながら積算日射量で比較すると、雲量と水蒸気圧による推定は日照時間によるものに比べてそれほど劣っているわけではないことがわかった。モンスーンアジア各地における日射量の実測値との比較においても、日本での推定精度とさほど変わらず、世界気象資料の雲量と水蒸気圧を用いて、一つの式により比較的安定した誤差範囲で温帯から熱帯までの日射量を推定できることがわかった。従って、目的によっては利用価値の高い資料であると思われた。
索引語世界;気象;観測;気温;統計;データ;日射;水;日本;推定
引用文献数11
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat