南九州の重粘土壌飼料畑における作付体系別粗飼料乾物収量の年次間変動

南九州の重粘土壌飼料畑における作付体系別粗飼料乾物収量の年次間変動

レコードナンバー742165論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名井戸田 幸子
石井 康之
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ53巻・ 2号, p.93-101(2007-07)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (879KB) 
抄録南九州の重粘土壌における3種類の粗飼料作付体系を中心に、収量の年次間変動(最大5ヵ年)とそれに及ぼす気象要因の影響を検討した。夏作物(トウモロコシ、ソルガム)の収量は、冬作イタリアンライグラスに比べ年次間変動が大きく、台風襲来に伴う倒伏で大きく減収した。作付体系別では、夏作トウモロコシ-冬作イタリアンライグラス体系の変動係数は31.2%であり、トウモロコシ二期作体系の34.8%とほぼ同程度で、夏作のみの場合(52.8%)に比べて変動が抑制され、3作付体系の中で年間合計乾物収量は最も高くなった。夏作ソルガムにも冬作イタリアンライグラスを組み合わせることにより、年間合計乾物収量の変動係数が抑制された。したがって、重粘土壌では夏作-冬作の作付体系の実施が、年間収量の安定性の確保に重要であることが示唆された。
索引語収量;変動;作付体系;土壌;乾物;年次;トウモロコシ;イタリアンライグラス;粗飼料;ソルガム
引用文献数20
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat