免疫介在性外眼筋炎が疑われた両側性眼球突出の犬の1例

免疫介在性外眼筋炎が疑われた両側性眼球突出の犬の1例

レコードナンバー742416論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名杉山 伸樹
内田 和幸
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 8号, p.588-591(2007-08)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (1294KB) 
抄録両側性の眼球突出を呈した7カ月齢、雌のイタリアン・グレーハウンドに対し、神経学的検査、MR画像検査および血清学的検査を行い、免疫介在性外眼筋炎と診断した。従来より、炎症性筋疾患に対して筋生検の病理組織学的所見が重要な診断根拠となっていたが、今回新たに、筋群の腫脹とび漫性造影増強効果などの炎症を示唆するMR画像所見とともに、血清中にIgG自己抗体の存在を認めた。これらの所見は外眼筋炎診断の一助になるものと考えられた。
索引語性;検査;筋;診断;免疫;画像;炎症;齢;雌;神経
引用文献数9
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat