瀬戸内海東部海域におけるサワラの種苗放流効果

瀬戸内海東部海域におけるサワラの種苗放流効果

レコードナンバー742428論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名山崎 英樹
竹森 弘征
岩本 明雄
ほか6名
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ73巻・ 2号, p.210-219(2007-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (1122KB) 
抄録サワラの放流効果を推定するため、ALC耳石標識を施した全長40mmの種苗と中間育成をした全長100mmの種苗を2002、2003年に播磨灘と備讃瀬戸に放流した。瀬戸内海東部海域の主要市場での調査の結果、混獲率は約4-42%、放流魚による水揚げ量は約8.3-21.6トンに達し、種苗放流がサワラ漁業に果たす貢献度合いが高いことがわかった。また、1歳魚までの回収率は0.89-15.75%、経済効率は0.14-1.60と推定され、100mm放流群では1歳魚までで経済効率が1を上回ることが明らかになった。
索引語種苗;放流;サワラ;海域;放流効果;経済;効率;耳石;標識;育成
引用文献数14
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat