瀬戸内海備讃瀬戸のサッパの年齢と成長・成熟

瀬戸内海備讃瀬戸のサッパの年齢と成長・成熟

レコードナンバー742431論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名小田 直樹
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ73巻・ 2号, p.233-243(2007-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (966KB) 
抄録サッパの年齢と成長、成熟を鱗の輪紋の読み取りと生殖腺の観察、計量により推定した。試料には商業漁獲物および釣りと定置網の漁獲物を用いた。輪紋は年1回、9月から10月に形成された。雌雄ともに少なくとも体長9.5cmで成熟し、産卵期は6-9月で、8月が盛期と推定された。個体の年齢別体長に最尤法を適用し、雌雄別に季節変化を考慮したvon Beralanffyの式が他の成長モデルよりも適合した。統計学的に雄よりも雌の成長が速かった。試料中50%が成熟に達する体長は雌雄それぞれ10.32cmと10.11cmであった。
索引語成熟;年齢;体長;漁獲;生殖;観察;計量;商業;年;産卵期
引用文献数20
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat