エゾボラNeptunea polycostataの繁殖生態、特に成熟サイズ、生殖周期と性比について

エゾボラNeptunea polycostataの繁殖生態、特に成熟サイズ、生殖周期と性比について

レコードナンバー742434論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名藤永 克昭
尾山 康隆
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ73巻・ 2号, p.256-262(2007-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (655KB) 
抄録2000年4月から2001年4月にかけて、北海道のえりもにおいてエゾボラの繁殖を、成熟サイズ、生殖周期や性比の点から検討した。エゾボラの成熟サイズは、雄は殻高120-130mm、雌は殻高150-160mmであると判断された。エゾボラの主な交尾時期は、2月から5月にかけてであると考えられた。一方、エゾボラの産卵は、3月から8月にかけて行われると推測された。エゾボラの性比は季節によって変化した。エゾボラの殻高組成は雌雄によって相違し、その原因として雌雄の成長の差以外に、雄と雌の死亡率の相違による可能性も考えられた。
索引語成熟;性比;殻;繁殖;生殖;周期;雄;雌;生態;北海道
引用文献数28
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat