次亜塩素酸ナトリウム処理したL-チロシンより生成するクロロホルムの中間生成物質に関する検討

次亜塩素酸ナトリウム処理したL-チロシンより生成するクロロホルムの中間生成物質に関する検討

レコードナンバー742512論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名日高 利夫
石井 敬子
桐ヶ谷 忠司
神田 宏
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ48巻・ 4号, p.97-105(2007-08)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (758KB) 
抄録L-チロシン(L-Tyrosine)を次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)処理して生成するクロロホルム(CHCl3)の中間生成物と考えられる物質についてLC/MSを用いて調べた。その結果、4-ヒドロキシベンジルシアニド(4-HBC)をNaClO処理して生成する物質とマススペクトルが一致した。この物質の合成方法を検討した結果、4-HBCにNaClOを反応させ溶媒抽出後、HPLCカラムスイッチング法により、分取が可能であった。この物質のNMR構造解析を行った結果、3-クロロ-4-ヒドロキシベンジルシアニド(3-C-4-HBC)と確認された。L-Tyrosineおよび4-HBCにNaClOを反応させた結果、3-C-4-HBCおよびCHCl3が生成し、3-C-4-HBCにNaClOを反応させた結果、CHCl3が生成した。したがって、3-C-4-HBCはL-Tyrosineから生成するCHCl3の中間生成物質であることが確認された。以上、L-TyrosineのNaClO処理により、4-HBCから3-C-4-HBCを経てCHCl3に至る反応機構を推定できた。
索引語生成;物質;処理;反応;次亜塩素酸ナトリウム;クロロホルム;合成;溶媒;構造;解析
引用文献数9
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat