マウス食道の迷走神経性収縮に対するカプサイシンの抑制作用は粘膜層に分布する1次知覚神経を介する

マウス食道の迷走神経性収縮に対するカプサイシンの抑制作用は粘膜層に分布する1次知覚神経を介する

レコードナンバー742581論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名椎名 貴彦
Boudaka A.
Woerl J.
ほか5名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 4号, p.365-372(2007-04)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (1269KB) 
抄録迷走神経によって誘発される食道横紋筋の収縮は、カプサイシンによって抑制される。カプサイシンは、TRPV1(transient receptor potential ion channel of the vanilloid type 1)を発現するタキキニン作動性1次知覚神経を刺激し、一酸化窒素を産生する内在神経を経由して抑制作用を発揮すると考えられている。この1次知覚神経の終末は、内在神経叢の神経節と粘膜に分布している。本研究では、カプサイシンの抑制作用に、粘膜層に存在する1次知覚神経の終末が必須であるか否かを検討した。実験にはマウスの食道標本を用い、輪走方向の収縮を張力トランスデューサで記録した。迷走神経刺激(30μsec、25V、1-50Hz、1秒間)により、標本には単収縮が誘発され、収縮の大きさは刺激頻度に依存した。この収縮はツボクラリン(5μM)により抑制され、アトロピン(1μM)やヘキサメソニウム(100μM)には影響を受けなかった。カプサイシン(30μM)は、迷走神経による収縮を抑制したが、この抑制は粘膜を除去した標本では観察されなかった。また、粘膜にはTRPV1陽性神経線維が存在していた。これらの結果から、カプサイシンは粘膜層に分布する1次知覚神経を介してマウス食道横紋筋の迷走神経性収縮を抑制することが明らかとなった。
索引語収縮;抑制;神経;粘膜;マウス;性;作用;標本;刺激;産生
引用文献数34
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat