免疫細胞療法への応用に向けたConcanavalin Aおよび組換えヒトインターロイキン2を用いたイヌ末梢血リンパ球の新規培養法

免疫細胞療法への応用に向けたConcanavalin Aおよび組換えヒトインターロイキン2を用いたイヌ末梢血リンパ球の新規培養法

レコードナンバー742604論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名加藤 正浩
渡来 仁
西川 茂
ほか2名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 5号, p.481-486(2007-05)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (628KB) 
抄録イヌ末梢血リンパ球(cPBL)から活性化リンパ球療法(LAK療法)に必要な活性化リンパ球を得るための新規培養方法について検討した。cPBLをconcanavalin A(Con A)存在下で培養した結果、その増殖性が高まり、細胞上にインターロイキン2(IL-2)受容体の発現が誘導された。さらにcPBLをCon Aと組換えヒトインターロイキン2(rhIL-2)双方の存在下で培養した結果、Con Aによる増殖性がさらに加速された。フローサイトメトリー解析の結果、培養後のリンパ球は主にCD8+ T細胞であった。CD4+CD8+ T細胞の割合も増加しており、CD4+ T細胞のCD8+ T細胞に対する比の値は培養前と比べて減少していた。また、培養後のリンパ球を用いてヒトメラノーマ細胞(MeWo)を標的とした細胞傷害性試験を行った結果、主要組織適合抗原複合体非拘束性の細胞傷害活性を有することが確認された。以上の結果より、Con AとrhIL-2を用いた培養方法によって、cPBLからイヌ活性化リンパ球を誘導できることが示された。
索引語細胞;培養;リンパ球;性;インターロイキン;イヌ;活性化;ヒト;増殖;免疫
引用文献数35
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat