ホルスタイン牛の単球マクロファージにおいて,レプチンは炎症性サイトカインやcaspase-1の発現を誘導する

ホルスタイン牛の単球マクロファージにおいて,レプチンは炎症性サイトカインやcaspase-1の発現を誘導する

レコードナンバー742608論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名山地 大介
Ahmed M.
Shaban Z.
ほか7名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 5号, p.509-514(2007-05)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (669KB) 
抄録脂肪細胞分泌因子、レプチンは摂食やエネルギー消費のみならず、免疫細胞機能を修飾することが知られる。ウシ単核球(PBMC)をレプチン単独あるいはT細胞マイトージェンCon Aと同時に刺激すると、レプチンはPBMCの増殖を10-40%増大させた。一方、PBMCからTリンパ球を分離し、同様に刺激すると、レプチンはTリンパ球の増殖を抑制したので、レプチンはPBMCに含まれる単球マクロファージなどに作用してTリンパ球増殖因子を産生させる可能性を示した。次に単球マクロファージを分離してサイトカイン遺伝子の発現を調べたところ、多寡はあるものの腫瘍壊死因子TNF-α、インターロイキン(IL)-1β、IL-12p35、IL-12p40、IL-18遺伝子の恒常的な発現が見られた。レプチンを作用させるとTNF-αとIL-12p40 mRNAの発現が増大したが、他の遺伝子の発現は変化しなかった。TNF-αの分泌量を調べると、実際に培養液中の濃度が増加した。また培養液中のIL-1β濃度が増大した。そこで伏在性のpro-IL-1βやpro-IL-18を活性型に分解させるタンパク分解酵素caspase-1の発現について調べたところ、レプチンによってその遺伝子の発現が増大した。これらの結果より、レプチンは単球マクロファージに作用しIL-12p35/p40の複合体形成や活性型IL-1β/IL-18を分泌させTリンパ球の増殖を促進すると考えられた。
索引語発現;マクロファージ;増殖;リンパ球;遺伝子;細胞;分泌;因子;性;培養
引用文献数29
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat