イヌの腸管におけるMonocarboxlate transporter 1(MCT1)の発現

イヌの腸管におけるMonocarboxlate transporter 1(MCT1)の発現

レコードナンバー742627論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名下山 由美子
秋原 祐子
Kirat D.
ほか8名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 6号, p.599-604(2007-06)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (863KB) 
抄録本研究では、イヌの腸管(十二指腸、空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸)におけるMonocarboxylate transporter 1(MCT1)の発現と分布をRT-PCR、Western blottingおよび免疫組織化学的手法を用いて検索した。腸管全域の粘膜上皮にmRNAおよび蛋白質レベルでMCT1の発現が認められ、免疫染色ではMCT1は粘膜上皮細胞の血管側側底膜上(basolateral membane)に限局して観察された。MCT1の発現は大腸で小腸より強く認められた。イヌの消化管においてMCT1は乳酸や短鎖脂肪酸(SCFA:Short chain fatty acids)などの血管側への運搬に重要な役割を持つと考えられた。イヌの腸管におけるMCT1の発現の報告は本報が初めてである。
索引語発現;イヌ;腸;粘膜;上皮;血管;研究;分布;免疫組織化学;mRNA
引用文献数31
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat