犬の血清中LI高値を検出できるイムノクロマトグラフィーアッセイ法の開発

犬の血清中LI高値を検出できるイムノクロマトグラフィーアッセイ法の開発

レコードナンバー742641論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名割谷 孝貴
恩田 昌明
奥野 陽子
ほか5名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 6号, p.669-671(2007-06)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (292KB) 
抄録獣医臨床の現場でTLI高値を簡易に検出できるイムノクロマトグラフィーアッセイ法を開発した。測定開始10分後に目視でテストラインとコントロールラインの2本のラインの濃さを観察し、その濃さの差によってTLI濃度を3段階に評価した。陽性判定は60ng/ml以上、弱陽性は20-60ng/ml、陰性は20ng/ml以下を示し、犬TLI-ELISAの測定値と非常に良く相関した。膵炎が疑われた12例の犬の血清について測定したところ、陽性4例、弱陽性2例、陰性6例であった。このテストは血清TLIの高値を再現性良く検出可能であり、陽性結果は膵炎の存在を強く示唆するものであった。
索引語血清;開発;測定;膵;獣医;臨床;濃度;陽性;LI;例
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat