日本におけるアジア1型及び2型,異なるジステンパーウイルス2群の分子及び増殖性状の比較

日本におけるアジア1型及び2型,異なるジステンパーウイルス2群の分子及び増殖性状の比較

レコードナンバー742654論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名山口 良二
川畑 敦
Lan N.T.
ほか3名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 7号, p.739-744(2007-07)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (470KB) 
抄録臨床及び病理所見を有する犬から新しく分離されたアジア1型及び2型イヌジステンパーウィルス株の分子及びその増殖性状を比較するとともに遺伝子P及びHの核酸と予想アミノ酸の比較がなされた。H遺伝子から予想されるアミノ酸のシステイン数は12個で、アジア1及び2型間に一定に保たれていた。アジア2型株の疎水領域はアジア1型のものよりアミノ酸1個多くみられた。アジア1型のH遺伝子には9個のアスパラギン酸(N)結合糖鎖がみられ、一方、アジア2型では8個であった。アジア1型の細胞内ウイルス力価は上清中に遊離するウイルス力価より多く、以前示したとおりアジア2型の増殖特徴とは逆であった。臨床症状と病理所見がアジア1型と2型に有意な差がみられなかったにもかかわらず、アジア1型と2型の分子及び増殖性状は様々であると考えられた。
索引語アジア;増殖;ウイルス;分子;性状;遺伝子;アミノ酸;臨床;病理;日本
引用文献数18
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat