成長因子がIn vitroにおける胎子膵島B細胞の発達に及ぼす影響

成長因子がIn vitroにおける胎子膵島B細胞の発達に及ぼす影響

レコードナンバー742668論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名保田 昌彦
山本 雅子
落合 秀治
ほか2名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 8号, p.807-811(2007-08)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (694KB) 
抄録培養条件下で、成長因子;Epidermal growth factor(EGF)、Betacellulin、Actvin Aが胎子膵島B細胞の発達にどのような役割を果たすかを調べるために、胎齢18日のラット胎子膵臓を成長因子を加えて96時間培養した、培養液は24時間毎に交換し、insulin放出量を測定した。また、72時間培養した膵臓を組織学的に検討した。その結果、EGFは膵島の細胞分裂を促進したが、膵島B細胞の体積を減少させた。これに対して、EGFは細胞増殖を促進させ、BetacellulinおよびActivin Aは細胞分裂を抑制したが、膵島B細胞の体積を増加させ、insulin分泌も増加させた。特にActivin Aは時間の経過と共にinsulin分泌量を促進した。これらの結果は、EGFは細胞分裂を、Betacellulinは膵島B細胞の分化を、Activin Aは膵島B細胞の分化および機能的成熟を促進する作用を有することを示唆している。そしてEGF、Betacellulin、Activin Aという順序で、膵島B細胞の新生に関与していることも示唆された。
索引語膵;細胞;培養;因子;胎子;細胞分裂;体積;分泌;分化;条件
引用文献数28
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat