猫乳腺腫瘍細胞8株におけるEカドヘリン,αカテニン,βカテニンの発現と細菌内局在

猫乳腺腫瘍細胞8株におけるEカドヘリン,αカテニン,βカテニンの発現と細菌内局在

レコードナンバー742672論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00004754NACSIS書誌IDAA10796138
著者名高氏 俊六
渡邊 学
宇山 里奈
ほか6名
書誌名The journal of veterinary medical science
別誌名Journal of veterinary medical science
J. vet. med. sci
発行元Japanese Society of Veterinary Science
巻号,ページ69巻・ 8号, p.831-834(2007-08)ISSN09167250
全文表示PDFファイル (566KB) 
抄録腫瘍の悪性度に関する要因の1つとして、細胞接着因子の発現異常が知られている。今回猫乳腺腫瘍細胞8株において、細胞接着因子であるEカドヘリン、αカテニン、βカテニンの発現量および細胞内局在を検討した。その結果、他の細胞株と比べ著明な発現量の低下や分子サイズの減少を認める株が存在した。また、1株においてEカドヘリンの局在に異常を認めた。なお、βカテニンには量、局在ともに異常を認める株は見られなかった。
索引語細胞;発現;腫瘍;異常;乳腺;接着;因子;細菌;要因;分子
引用文献数21
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat