遺伝的プログラミングを応用したいもち病認識パラメータの自動生成

遺伝的プログラミングを応用したいもち病認識パラメータの自動生成

レコードナンバー742729論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名佐々木 豊
田島 淳
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ52巻・ 2号, p.102-108(2007-09)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (811KB) 
抄録日本の主要作物は米であり、その早期の病害検知は重要といえる。しかしその自動診断において、イネは葉が細いため病斑を検知することは非常に難しい。本研究では、米にとって甚大な被害をもたらすいもち病を対象に、その検知手法を検討した。具体的には、先ず仮想水田空間を構築して画像を取得した。次に認識された背景といもち病を識別するパラメータの自動生成手法を開発した。この手法では形状特徴量を組み合わせる遺伝的プログラミング(GP)を導入し、そのアルゴリズムの改良、性能評価を行った。
索引語いもち病;パラメータ;生成;日本;作物;病害;診断;イネ;葉;研究
引用文献数9
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat