ウコッケイ胚の体外培養における生存率と孵化率に及ぼす代用卵殻の影響と卵殻中ミネラル動態

ウコッケイ胚の体外培養における生存率と孵化率に及ぼす代用卵殻の影響と卵殻中ミネラル動態

レコードナンバー742732論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名藤田 悠記
高橋 俊介
那須 章人
ほか4名
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ52巻・ 2号, p.120-124(2007-09)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (386KB) 
抄録本実験では、白色レグホン卵殻を代用卵殻として、ウコッケイ胚の体外培養を行い、その生存率におよぼす影響を検討するとともに、ウコッケイと白色レグホン有精卵の通常孵卵中におけるday0およびday21の骨形成に係る卵殻中ミネラル含有量を検証した。体外培養は、孵卵器内にて3日間通常孵卵したウコッケイ胚を白色レグホン卵殻に移し培養を行った。また、通常孵卵のday0とday21の卵殻は高周波プラズマ発光分析装置にて、Ca、P、Mgの含有量を分析した。体外培養の結果、白色レグホン卵殻を用いることによって、ウコッケイ胚を孵化させることに成功したが、その孵化率は低値を示し、生存率の推移から卵殻からのCa供給不足が推察された。一方、有精卵の卵殻含有量分析からday0からday21までのCa減少率がウコッケイでは白色レグホンの約1.8倍を示し、品種によりCaの供給量が異なっていることが示唆された。しかし、その他のミネラル分においては、大差が認められなかった。本実験の結果から、白色レグホン卵殻を用いてウコッケイ胚を培養した場合に生じる孵化率の低下は、主に卵殻から胚へ供給されるCaに起因していることが推察された。しかし、孵化した胚は、正常に成長し繁殖能力を得た。
索引語卵殻;胚;培養;生存率;孵化率;ミネラル;含有量;分析;供給;動態
引用文献数12
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat