コマツナ幼苗に優良な育成効果を示す食品産業汚泥コンポストのアルミニウム含量

コマツナ幼苗に優良な育成効果を示す食品産業汚泥コンポストのアルミニウム含量

レコードナンバー742738論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名野口 理絵子
高屋 浩衣
Mohamad M.S.
ほか6名
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ60巻・ 1号, p.47-51(2007-08)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (563KB) 
抄録裁断新聞紙(12mm×3mm)を食品汚泥重量の13%混合して発酵槽に投入し直ちに、30℃前後の空気を、発酵槽底面積1m2あたり80L/分で送風して発酵を促し、古紙混合汚泥をコンポスト化した(以下これを古紙コンポストと称する)。古紙コンポストは化成肥料に比較して、コマツナの生長をより良く促進した。古紙コンポストを、500g土壌当たり200mg窒素相当分施用し、コマツナの発芽および生長試験を行ったところ、発芽とその後の生長は全く阻害されなかった。一方、化成肥料を上記コンポストと同量の窒素相当分施用したところ、発芽は40%程の減少であったが、生長は殆ど出来なかった。一般に余剰食品汚泥を凝集するために凝集剤(ポリ塩化アルミニウム)が活性汚泥を用いた排水浄化システムの中で使用される。このポリ塩化アルミニウムの食品汚泥コンポストヘの残留を調べるために、古紙コンポスト中のアルミニウム含量を測定した。含量は160-230mg/kg乾物であった。食品汚泥コンポストの成分即ち、食品汚泥と新聞紙のアルミニウム含量は、それぞれ110および149mg/kg乾重であった。食品汚泥に混合した裁断新聞紙および汚泥そのものの水分含量はそれぞれ9%、89%であった。これらの水分量、アルミニウム含量から乾燥古紙コンポストに含まれるAl量に対する汚泥、副資材のAl量の寄与は、汚泥由来37%、古紙由来63%であった。従って、コンポストに存在するAlは殆どが汚泥と新聞紙に由来し、凝集のために加えられた、ポリ塩化アルミニウムは汚泥回収の過程で流れ去り、コンポストには残留しないと推定された。一方、市販の肥料、過リン酸石灰、硫酸アンモニウム、塩化カリウム、ハイポネックス液肥、発酵鶏糞のアルミニウム含量を測定したところ、過リン酸石灰で1mg/kgであったが他の場合には殆ど検出できなかった。古紙コンポストに含まれるAl含量は低く、実験圃場土壌の含量のそれより少なかったが、古紙コンポスト由来のAlについて、長期使用による蓄積については今後観察をする必要があると考えられる。この点で我々の今回の基礎知見はそれらの研究に必要な基礎データを供給したものである。
索引語汚泥;コンポスト;アルミニウム;食品;発酵;生長;混合;発芽;凝集;土壌
引用文献数8
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat