カイコアミノペプチダーゼNの培養昆虫細胞膜への発現提示と殺虫性毒素Cryトキシン受容体機能の解析

カイコアミノペプチダーゼNの培養昆虫細胞膜への発現提示と殺虫性毒素Cryトキシン受容体機能の解析

レコードナンバー742742論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名野口 理恵子
石川 寿樹
萩野谷 功輔
ほか4名
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ60巻・ 1号, p.73-81(2007-08)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (1020KB) 
抄録カイコガ(Bombyx mori)幼虫の中腸上皮細胞アピカル膜上のブラシ状膜(Brush Border Membrane;BBM)に存在するタンパク質のアミノペプチダーゼN1(BmAPN1)は、鱗翅目昆虫を特異的に殺す毒素Cry1Aaの受容体と考えられているが、その確証は未だ示されていない。BmAPN1が毒性発揮へ関与するかを確認するために、BmAPN1を培養昆虫細胞膜に発現させCry1Aaとの相互作用を調査した。昆虫培養細胞株のHigh Five細胞を用いたバキュロウイルス発現系を構築した。組換ウイルスの感染により、感染処理から48時間後には110kDaのBmAPN1が発現し細胞膜上に提示された。アミノペプチダーゼ活性は非感染細胞の10倍あり、BmAPN1の活性が保持されていることが示された。High Five細胞に発現したBmAPN1の分子サイズは、BBM上に存在するBmAPN1と同程度で、細胞膜上に存在した。組換BmAPN1が活性を持ちしかも細胞膜上に提示されたことで、この発現システムは、アミノペプチダーゼとCry1Aaとの相互作用を解析する上で非常に役立つと期待された。
索引語発現;細胞膜;細胞;感染;活性;培養;毒素;受容体;解析;膜
引用文献数28
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat