繁殖雌豚群の繁殖効率に関係する群レベルマネジメント因子

繁殖雌豚群の繁殖効率に関係する群レベルマネジメント因子

レコードナンバー742976論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013978NACSIS書誌IDAN00239079
著者名纐纈 雄三
書誌名明治大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Meiji University
別誌名明大農研報
Bulletin of School of Agriculture, Meiji University
発行元明治大学農学部
巻号,ページ55巻・ 2号, p.55-60(2006-01)ISSN04656083
全文表示PDFファイル (341KB) 
抄録繁殖群の繁殖効率の測定指標として、繁殖雌豚の年間種付け雌豚当り離乳子豚数(PWMFY)を使用した。PWMFYは年間種付け雌豚当り分娩腹数×母豚あたり離乳子豚数で算出きれる。この研究の目的は、繁殖効率の測定値としてのPWMFYに関係する重要な群レベルのマネジメント関連因子を明らかにすることである。データ共有プログラムに参加した全国107農場のデータから抽出してデータベースが作られた。関係を明らかにするために回帰分析をおこなった。変数減少法回帰分析とセンターリングで、離乳後7日以内の母豚種付け割合、再種付け豚割合、授乳期間、授乳期子豚死亡率、繁殖雌豚淘汰産歴、淘汰割合と農場サイズはPWMFYに関連していた。全雌豚中若雌豚群の大きさ・複数交配割合、若雌豚更新割合、複数交配割合の高さは、PWMFYとの関係は認められなかった。繁殖効率を向上させるために、生産者は離乳後7日以内の母豚種付け割合、繁殖雌豚淘汰産歴、再種付け豚割合と授乳期子豚死亡率を改善するようにマネジメントシステムを変えることが推奨される。
索引語繁殖;雌;効率;離乳;子豚;因子;データ;農場;回帰分析;死亡率
引用文献数18
登録日2010年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat