カイコcDNA領域の3点法による遺伝的距離と染色体上の位置との比較

カイコcDNA領域の3点法による遺伝的距離と染色体上の位置との比較

レコードナンバー750011論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20023854NACSIS書誌IDAA12145323
著者名間瀬 啓介
飯塚 哲也
岡田 英二
ほか2名
書誌名蚕糸・昆虫バイオテック = Sanshi-konchu biotec
別誌名Sanshi・konchu biotec
発行元日本蚕糸学会
巻号,ページ76巻・ 2号, p.165-169(2007-08)ISSN18810551
全文表示PDFファイル (580KB) 
抄録古くからカイコの形質マーカーによる遺伝的地図は、完全連関による連関検索と3点法による座位決定によって作られてきた。我々は、この形質マーカーの地図作成で用いられている方法を改良し、EST-cDNAクローンのRFLPを同じ個体で繰り返し解析することで効率的にマッピングを行っている。今回、その地図上の遺伝的距離と染色体上の距離を比較するために、同一染色体上(RFLG9)の4、18、33cMに位置する3領域の6つのcDNAクローンに対応するゲノム断片をDIGでラベルし、混合したプローブとして5齢1日目のカイコ卵巣染色体標本に対しFISHを行った。その結果、一つの染色体上に強度の異なる3点のシグナルとして検出でき、領域1は24.9±3.1%の地点に、領域2および領域3はそれぞれ45.2±4.1%と70.8±3.8%の地点に位置することとなり、遺伝的距離と極めてよく一致していた。
索引語カイコcDNA領域;3点法;遺伝的距離;位置;比較
引用文献数21
登録日2011年02月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat