石垣市轟川流域の赤土等流出防止対策に関する住民の評価

石垣市轟川流域の赤土等流出防止対策に関する住民の評価

レコードナンバー750239論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004775NACSIS書誌IDAN00202024
著者名田中 裕人
上岡 美保
書誌名農村研究
別誌名Journal of rural community studies
Nōsonkenkyu
Nōsonkenkyū
発行元東京農業大学農業経済学会→食料・農業・農村経済学会 (121号-)
巻号,ページ105号, p.15-24(2007-09)ISSN03888533
全文表示PDFファイル (299KB) 
抄録本研究の目的は、石垣市の赤土等の流出を防止する対策について、二肢選択形式CVMを適用して経済評価を行うことである。分析方法は、CVMを適用する。分析の対象は600名の石垣市の住民とした。赤土等の流出を防止する対策は、営農対策と土木対策がある。CVMでは、これらの対策により、平成23年までに、赤土等の流出を1年間に1ヘクタール当たり5トンに削減することを想定した。その結果、1世帯当たりの支払意志額の平均値は14932円となった。石垣市には20626世帯が居住している。このため、石垣市の総支払意志額は3億799万円になった。
索引語石垣市;赤土等;流出;対策;住民;防止;適用;CVM;石垣市轟川流域;赤土等流出防止対策
引用文献数8
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat