分娩前後における乳用牛群に対する免疫プロファイルテストの有用性

分娩前後における乳用牛群に対する免疫プロファイルテストの有用性

レコードナンバー750307論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名渡辺 知香
大塚 浩通
小比類巻 正幸
ほか5名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 10号, p.709-714(2007-10)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (648KB) 
抄録牛群における免疫プロファイルテストの有用性を明らかにするため、飼養管理が異なるA、BおよびC群において代謝プロファイルテストに加え、末梢血単核球の解析を試みた。AおよびB群の周産期疾病の発生率がC群に比べ高かった。血液生化学成績においてA群では乾乳期に遊離脂肪酸(NEFA)が他の2群に比べ高値であり、B群では乾乳期から泌乳期にかけて総コレステロール(TC)と血糖値が他の2群に比べ高値であった。C群ではこれらの成績はほぼ正常範囲内にあった。免疫学的検査からA群では、分娩後1から4カ月にかけてCD4+/CD8+比およびIFN-γ/IL-4比がB群とC群に比べ低い傾向にあった。これらのことから牛群における免疫プロファイルテストは牛群の免疫状態を評価するために有用であり、乾乳期の飼料設計に不足のあったA群では分娩後に細胞性免疫機能が低下しているものと示唆された。
索引語C群;免疫プロファイルテスト;牛群;B群;A群;乾乳期;有用性;A;他;2群
引用文献数24
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat